費用も時間もかからない少額訴訟とは

裁判というと時間も費用もかかって大変なので利用しにくいというイメージがあります。そのような問題に対応して、裁判所の側ではさまざまな裁判を利用しやすい制度が整えられています。その中に、少額訴訟という制度もあるのです。

 

 

少額訴訟というのは、訴額が60万円以下の金銭の支払を請求する場合に簡易裁判所においてのみ利用できる制度です。一期日審理の原則といって、口頭弁論は1回だけにして即日に判決が出されるので時間も費用もかかりません。さらに、ラウンドテーブル方式といって、丸いテーブルに裁判官、当事者、証人が座って話し合いの形式で裁判が進んでいくので、従来の裁判のような敷居の高さもありません。さらに、少額訴訟の判決は、3年以内の分割払いにしたり、債務を完済すれば訴え提起後の遅延損害金を免除させたり、債務者の資力に合わせた比較的自由な内容にすることも可能です。

 

 

このように利用しやすい制度ですが注意点もあります。まずは、1年に10回までしか利用できないという点です。これは、サラ金業者のような者が利用するのを排除するためです。また、一度少額訴訟をやったのであれば、事件が地方裁判所で審理される可能性はありません。もし判決に不満の場合は、通常の訴訟だと控訴をして地方裁判所で審理することになりますが、少額訴訟の場合だと異議の申立となり、通常の訴訟に戻って簡易裁判所で審理することになります。