これできるのはどんな時?

ちょっとした民事事件の争いごとを解消する方法として、少額訴訟というものがあります。これは非常に手軽な裁判であると行っても良い存在ですので、ちょっとした手間だけで大きな法的効力を得ることができるのです。しかし、この少額訴訟もそれを行うためにはいくつかの条件が存在していますので、それをしっかりと把握しておかなければならないと言われています。

 

 

それでは、少額訴訟の条件としてはどのようなものが考えられるのでしょうか。その第一条件としては、まず訴訟の対象となる金額が大き過ぎないことが挙げられるでしょう。そして金額としては60万円が上限になりますので、それをしっかりと踏まえておくことが大切です。

光と自然

 

そして次に、民事事件における状況の証拠など、様々な資料がすぐに用意できることが大切です。少額訴訟の場合、判決をその場で出すケースが多いですので、状況証拠を多く持っていなければ判決がつきづらいどころか、逆転されてしまいますので注意しておいてください。この他の条件としては、民事事件で訴えたい相手がスケジュールがつきやすいこと、そして裁判で扱う内容が簡単であることなどが考えられます。これらの条件を満たしていれば、少額訴訟を行うことは適しています。

Comments are closed.