判決が出る前に解決するには

裁判官は原告と被告の意見を聞いたうえで証拠調べを行いますが、判決を出す前に両当事者間による話し合いで解決をしないかと和解案が出されることがあります。

 
和解とはお互いの当事者が譲歩することによって争いをやめることで、裁判上のものや裁判外のもの、訴え提起前にできるもの訴訟上のものなど様々な種類があります。

 
裁判所は訴訟の程度内容に関わらず提案することができるようになっていて、実務的な側面もあって特許権侵害の訴訟などでは試みられるケースが多くなっています。

 
裁判所が判断を下した心証を原告と被告に開示した後に、口頭や書面で記されることになります。

 
これは両当事者がいる場合に限られますが、和解を希望していないときは合意をせずに判決を出してもらうこともできます。
和解をすることのメリットは一般的に、費用や時間の節約ができることや、任意的に履行されることへの期待、解決方法に柔軟性がでることなどが挙げられます。

 
これらのメリットがあるために知的訴訟や少額訴訟の多くの争いが、和解によって解決しています。

 
話し合いによって原告と被告の双方が合意に至った場合には調書が作成されて、この調書は判決と同じ効力があるものですので、
一方が内容を厳守しなかった場合は強制執行を申し立てることが可能となります。

Comments are closed.