少額訴訟のデメリット

民事訴訟、つまり民事事件に関連する裁判のことですが、その中に少額訴訟といわれるものがあります。この少額訴訟というのは、文字通り、少額のお金の支払いを巡る紛争を解決するもので、それも60万円以下の金額に限定されています。少額訴訟は原則的に即日結審で、直ちに判決が言い渡されます。
時間が短くてすむのは大変便利なのですが、この少額訴訟には大きなデメリットがあります。そのデメリットとは、判決に不服があった場合に、原告による控訴が不可能であるということです。原告は不服があった場合、異議申立はできますが、その場合は審理のやり直しという形になり、裁判官も同じですから、それで判決が覆るかどうかについては何ともいえません。ですから、たとえば裁判で被告が事実を全面否定し、それによって原告が敗訴となった場合には、再び敗訴になる可能性もあります。
このため、控訴が可能な通常訴訟への移行も可能となっていますが、実は原告はこれを選択できません。選択ができるのは、被告と裁判官に限られています。これもまた少額訴訟のデメリットといえます。ですから、もし訴訟を起こした原告側が控訴を望む場合は、一旦訴訟を取り下げたうえで、改めて簡易裁判所に通常訴訟を提起するのがいいでしょう。

Comments are closed.