少額訴訟の判決

桜

 

少額訴訟は、60万円以下の金銭の支払いを求める民事訴訟において利用することが出来る制度です。この少額訴訟を利用した場合は通常の訴訟の場合とは異なり、審理は原則1回で終了し、判決も原則として審理終了後すみやかに出されます。裁判終了後は通常の裁判と同様に2週間の猶予が与えられ、この期間に異議申し立てが行われなかった場合に判決が確定します。原告の言い分が認められた判決の場合、確定後は被告はすみやかにお金を納付しなければなりません。このとき、被告が金銭の支払いに応じない場合は、原告は強制執行の申立てを行うことで、被告から強制的に金銭を回収することができます。

 
少額訴訟においても金銭の支払いは一括払いが原則ですが、被告に一括払いができるだけの資力がないなどの特別な理由がある場合は、裁判所は判決の内容に分割払いや支払猶予を付け加えることがあります。さらに、判決の内容を履行して金銭を支払った場合は、提訴後に発生した遅延損害金の支払義務の免除するといった内容を付け加えることがあります。この決定は原告の意思に関係なく行われ、付加される内容が不服であることを理由に異議申し立てを行うことはできないとされています。

Comments are closed.